■ 地域を豊かに

  • 02.飢餓をゼロに
  • 03.すべての人に健康と福祉を
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
2022/06/16

2021年度ハッピーミルクプロジェクト寄付金贈呈式を開催しました

6月15日(水)、伊勢崎市文化会館(群馬県伊勢崎市)で開催されたコープぐんま第67回通常総代会で、ハッピーミルクプロジェクト寄付金贈呈式を行いました。

日本ユニセフ協会 団体・企業事業部 海老原隆一部長(写真左)、コープぐんま 中村隆夫前理事長(同右)

コープデリグループは、コープマークのついた牛乳※の売り上げの一部をユニセフに寄付し、アフリカの子どもたちの栄養改善を支援する「ハッピーミルクプロジェクト」に取り組んでいます。
※コープデリにいがたは魚沼牛乳、ゆめっ子牛乳、虹っ子牛乳1000mlも対象です

2021年度は7,421万8,799本の牛乳の売り上げの一部と宅配でお寄せいただいた募金と合わせた1,679万8,775円の目録を、コープデリグループを代表してコープぐんま中村前理事長より日本ユニセフ協会の海老原部長へ贈呈しました。
プロジェクトを開始した2008 年度からの寄付額は、累計で2億5,212万4,687円となります。

贈呈式では、日本ユニセフ協会 海老原部長より寄付金の使途に関するご報告および謝辞をいただきました。
「コートジボワールの農村部では4人に1人の子どもが中重度の慢性栄養不良の状態にありますが、皆さまの息の長い支援により、乳幼児へのバランスの取れた食事の普及や母親の栄養管理などによる子どもたちの栄養不良の予防を行っています。このたびのご支援に深く感謝申し上げますとともに、今後とも「ハッピーミルクプロジェクト」を通じたユニセフへのご支援をよろしくお願いいたします。」

引き続きコープデリグループは、コープの牛乳のご利用を通じてアフリカの子どもたちの栄養改善を応援していきます。

ハッピーミルクプロジェクトについてはこちら

2022/06/16

取り組みをシェアする