Message理事長メッセージ

生活協同組合コープながの
理事長太田栄一

太田理事長

世界中に瞬く間に広がった新型コロナウイルス感染症が、感染の拡大と沈静を繰り返す中、わたしたちのくらしは翻弄され、未だ混沌とした状況が続いています。

予てから世界共通の課題であった気候変動や絶えない紛争、飢餓や貧困・格差の拡大などとともに、この感染症も世界がともに協力して取り組まなければならない課題です。

人類は、幾多のパンデミックを乗り越え、その都度社会は大きく変化してきたと言われます。わたしたちは、こうした様々な課題を協調して克服し、持続可能な社会へと大きく変革していくことが求められています。こうしている間も、2030年アジェンダとして国連が定めた"SDGS(持続可能な開発目標)"の目標年度に向けて時計は動き続けています。

コープながのでは「CO・OP ともにはぐくむ くらしと未来」を理念に、"ビジョン2025に掲げた「食卓を笑顔に、地域を豊かに、誰からも頼られる生協へ」"を目指す第3期中期計画に取り組んでいます。わたしたちは、地域社会の一員として、事業や活動を通じて"SDGs"に掲げられた17の目標の達成を支援・推進し、次の社会を担う子どもたちに"緑の地球を""すみよい社会を"繋いでいくため努力を続けて参ります。

コープながのの取り組みをサステナビリティサイトで発信しました。ぜひご覧ください。