コープデリグループのサステナビリティサイト

Message理事長メッセージ

生活協同組合コープながの
理事長太田栄一

太田理事長

 わたしたちのくらしを取り巻く環境は変化しています。世界では、気象変動の脅威にさらされており、自然災害の増加、絶えない紛争、格差の拡大、飢餓や貧困など多くの問題を抱えています。国内においても、地域格差の広がりにより生活インフラの維持が困難になる地域が増えたり、子どもの貧困が問題視されるなど格差の拡大がすすんでいます。このような問題を解決するため、国連では「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。

 コープながのは、「ともにはぐくむ くらしと未来」を理念に、事業と活動に取り組んでいます。その様々な取り組みには、SDGsに掲げられた17の目標の達成を支援し推進する視点を位置づけています。

 私たちはこれからも、「誰一人取り残さない、持続可能な社会」につながる事業と活動を進めるとともに、地域行政や諸団体などとの連携をより強めてまいります。そして、子どもたちに"緑の地球"や"すみよい社会"を繋いでいくため、できることを一歩一歩前にすすめていくとともに、一人でも多くの方に「コープながののファンです。」と言っていただけるよう"食卓を笑顔に、地域を豊かに、誰からも頼られる生協。"を目指してまいります。
コープながのの取り組みをサステナビリティサイトで発信しました。ぜひご覧ください。