■ 食卓を笑顔に

  • 12.つくる責任つかう責任
  • 04.質の高い教育をみんなに
  • 11.住み続けられるまちづくりを
2023/01/20

県立佐原高校で食育出前授業「献立ゲーム」を実施しました

12月22日(木)、佐原高校より依頼を受け、定時制1~4年生19人を対象に食育出前授業「献立ゲーム」を実施しました。
初めに、主食、副菜などの栄養の分類について学び、1日の献立を考え、作った献立の栄養と摂取量のバランスがとれているかを確認しました。また、自分が1日に必要なエネルギー量の目安を計算しました。
参加者からは、「自分が主食ばかり食べていることに気づいた。果物をまったく食べていなかったので少し食べてみようと思った」「主食が足りない、運動が足りない、を実感した。何も意識せずに食べていたが、バランスを意識した食事をしてみたくなった」などの感想が寄せられました。自分自身の食生活を見直し、“バランスの良い食事”について、考えるきかっけになった様子がうかがえました。

献立ゲームの様子

毎日頑張らなくて3日~1週間を通してバランスが良くなるように、少し気にしてみよう

献立ゲームの様子

千葉県発行のちば型食生活実践ガイドブックを使って、自分に必要なエネルギーの目安を計算しました

コープみらいでは、小学校や公民館を中心に「食」や「環境」、「防災・減災」、「SDGs」に興味を持つきっかけ作りとして『コープみらい活動サポーター』が楽しく学べる体験プログラムを実施しています。

取り組みをシェアする