■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
2022/06/09

コープみらい八街の森にてワークショップ「牛乳パックで作るエコはがき」を実施しました

5月22日(日)、5家族が参加して、牛乳パックを再利用したハガキをつくりました。最初に牛乳パック裏表のラミネートをはがし、残った白い紙をミキサーにかけドロドロにしてパルプ液を作りました。次にパルプ液の中に型枠を入れ持ち上げ取り出し、タオルで押さえて水を切り、最後に、押し葉や折り紙で好きな模様を入れてオリジナルのはがきが出来上がり。
参加者からは「すいた紙を型からはがすのが難しかったが、牛乳パックからハガキが作れることを体験できて楽しかった」「牛乳パックの中はこんなきれいな紙でできているんだね」との声が寄せられました。
参加者は、親子で楽しく牛乳パックの紙すきを通してはがきを作ることで、「紙は再利用(リサイクル)できる貴重な資源」であることを学びました。

ミキサーでパルプをドロドロにしている写真

ミキサーでパルプをドロドロにします

葉っぱを入れて模様を作っている写真

葉っぱを入れて模様を作ります

コープみらい八街の森は、組合員みんなの森です。環境をテーマに毎月ワークショップを行っています。

関連リンク

2022/06/09

取り組みをシェアする