■ 地域を豊かに / 環境

10月8日(土)、CO・OP産直新潟佐渡コシヒカリの産地である新潟県佐渡市で、「佐渡トキ応援お米プロジェクト」寄付金贈呈式を行いました。
コープデリグループを代表して、コープデリにいがたの登坂理事長とコープデリ連合会の永井副理事長が佐渡市の渡辺市長とJA佐渡の竪野理事長に目録を贈呈しました。

「佐渡トキ応援お米プロジェクト」寄付金贈呈式の様子

左から、JA佐渡竪野信理事長、佐渡市渡辺竜五市長、コープデリにいがた登坂康史理事長、コープデリ連合会永井伸二郎副理事長

コープデリ連合会は1994年から佐渡米を販売し、生産者と交流を重ねてきました。そして、2010年から「佐渡トキ応援お米プロジェクト」をスタートしました。このプロジェクトは、CO・OP産直新潟佐渡コシヒカリとその加工品の売り上げの一部を「佐渡市トキ環境整備基金」に寄付する取り組みです。寄付金は、トキのすみかとなる里山の保全や、トキのエサ場の環境づくりに活用されています。
2022年度は314万9,822円を寄付し、プロジェクト累計の寄付金額は3,274万1,592円となりました。

贈呈式の後には、コープデリグループの組合員理事・職員16名に加え、コープデリにいがたの組合員親子や役職員、生産者、佐渡市職員、JA佐渡職員などの皆さんで、田んぼアートの稲刈りや生きもの調査を行いました。

稲刈りの様子

前日までの雨も上がり、きれいな虹が架かる中での寄付金贈呈式と、晴天に恵まれた稲刈りとなりました。

コープデリグループは、これからも商品を通じた持続可能な社会づくりへの貢献を進めてまいります。

佐渡トキ応援お米プロジェクトはこちらから

2022/10/21

取り組みをシェアする