■ 地域を豊かに / 環境

  • 12.つくる責任つかう責任
2022/07/19

作ってみよう! 牛乳パックでフォトフレーム!

飲み終わった牛乳パックをリメイクして、すてきなフォトフレームはいかがですか。 とっても簡単にできるので、家族みんなで作ってみましょう。

材料

開いて乾かした牛乳パック(1枚)、好きな柄の紙、リボン(10cm程度)、両面テープ、定規、カッター、カッターボード、はさみ、ボンド(デコレーションする場合)

1.牛乳パックを切る

開いた牛乳パックの底の部分を切り落とし、下から100mm(10cm)の高さでヨコに切る。
切った上下、真ん中の折り目、右端それぞれから15mmのところに線を引いて切り抜き、写真窓を作る。

2.色紙を貼る

切った牛乳パックの柄のある側の上下に両面テープを貼り、色紙に貼付けます。
貼付けた牛乳パックより上下左右15mm大きいサイズで、色紙を切ります。

3.仕上げ

写真窓の内側部分の色紙に、斜めに切り込みを入れます。余分な部分は切り取っておきます。
内側のふちに両面テープを貼り、色紙を折り込んで仕上げます。
折り込む順番が、きれいに仕上げるポイントです。

手順

①上の辺を折り込む

②リボンを貼付ける

③写真窓の内側を折り込む

④左半分だけ、内側に折り込む

⑤牛乳パックを折りたたんでから、最後のふちを折り込む

詳しい作り方

①上辺に両面テープを貼り、色紙を折り込んでとめます。

②写真窓の中心あたりにくるように、両面テープでリボンをとめます。とめた上から、もう一枚両面テープを貼り、しっかり固定します。

③写真窓の内側の色紙にも両面テープを貼り、リボンを押さえるように折り込んでとめます。

④左側だけ色紙を折り込んで、両面テープでとめます。

⑤残った右側の下と、右ヨコは、左側の牛乳パックを折ってから貼付けて、下とヨコを固定します。

4.できあがり!

フレームのまわりに、思い出の貝殻や木の実などをデコレーションして、オリジナルフォトフレームにしてもGOOD!
お気に入りの写真やメッセージカードなどを入れてね★

牛乳パックの残った部分は、ごみに捨てずにリサイクルへ!

取り組みをシェアする