■ 地域を豊かに

  • 12.つくる責任つかう責任
  • 15.陸の豊かさも守ろう
2022/07/15

コープぐんまの自然共生社会の実現に向けて

ネイチャークラブという呼称で、組合員が主体になり体験学習や企画を行い、生物多様性や自然環境の保全に参加できる取り組みを進めています

森林(もり)づくり

群馬県、沼田市、利根沼田森林組合にご協力いただき、沼田市市民の森にて春は植樹、秋は間伐と「ミルクパックの森」の下草刈りを行います。

なぜ? 沼田市市民の森
まだリサイクルが確立していなかった1990年代。コープぐんまの組合員がボランティアでミルクパックの仕分け作業を行い得た資金で、「市民の森」に植樹し沼田市に寄贈しました。その経緯から、群馬県と沼田市と相談し、沼田市市民の森で「森林づくり」の取り組みが始まりました。

植樹の様子
植樹の様子
植樹の様子

2022年5月の森林づくり、植樹の様子

2022年5月の森林づくり、集合写真

*夏は県立森林公園「21世紀の森」にて「夏の森林(もり)づくり」を開催し、間伐材で木工体験、および環境学習を行います。

ぐんまのお魚を学ぼう!、サケの放流活動、河川敷清掃

夏は群馬県水産試験場でぐんまのお魚についての学習会を行い、秋~冬にかけてサケの放流活動、春は河川敷の清掃を行いました。

講義の様子

2021年8月「ぐんまのお魚を学ぼう!」

サケの卵配布

2021年12月サケの卵配布

サケの稚魚放流会

2022年2月サケの稚魚放流会

渡良瀬川河川敷清掃の様子

2022年5月の渡良瀬川河川敷清掃

2022/07/15

取り組みをシェアする