■ 地域を豊かに

  • 02.飢餓をゼロに
  • 01.貧困をなくそう
  • 03.すべての人に健康と福祉を
  • 04.質の高い教育をみんなに
  • 05.ジェンダー平等を実現しよう
2023/01/09

はがき・切手回収キャンペーン(子ども・子育て支援基金)に取り組んでいます!

おうちに眠るはがきや切手で「誰一人取り残さない」社会へ

皆さんのおうちに、使わずに眠っているはがきや切手はありませんか?
こうしたはがきや切手は、家庭に眠る貴重な資源。

コープみらいは、SDGsの理念である「誰一人取り残さない」の取り組みを推進するため、はがき・切手などを皆さんに寄付いただき、その換金で得られる資金をもとに「コープみらい 子ども・子育て支援基金」を設立しました。
この基金は、国内外で飢餓、貧困、格差、いじめ、DV、虐待などに苦しむ「取り残されている子ども、取り残される恐れがある子ども」の支援活動に取り組む団体を資金面で応援します。

ぜひご家庭に眠っているはがき・切手などをお寄せください!

● 専用封筒の受け取り

【宅配ご利用の方】
 1月16日週の配達時にお配りするカタログのセットに入っています。

【店舗ご利用の方】
 店頭で配布しています。(職員にお尋ねください)

● 回収対象品目

・年賀はがき・郵便はがき(書き損じ・未使用)

・未使用切手(日本のみ)

・各種商品券・未使用プリペイドカード(テレホンカード、図書カード、QUOカード、オレンジカード等)

【2023年度「子ども・子育て支援基金」の寄付先と支援活動内容】

◆社会福祉法人中央共同募金会

「コープみらい×中央共同募金会 子ども・子育て支援助成」に取り組み、千葉、埼玉、東京で貧困、格差、いじめ、DV、虐待など、困難な状態にある子どもたちに対し支援活動をしている団体に助成を行い、食や生活、学習への支援活動や居場所づくり活動などさまざまな活動に役立てていただきます。

【赤い羽根共同募金(WEBサイト)】
https://www.akaihane.or.jp/

【第1回(2022年度)助成団体の決定および決定団体一覧について(WEBサイト)】
https://www.akaihane.or.jp/subsidies/sub-corp-prog/29784/

◆認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21

現地NGO と一緒に行っている「Project Bamboo:フィリピンの路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」への支援を行い、若者たちが安定した収入を得て、社会の有為な一員となれるよう、ライフスキルや職業技術を学ぶための機会の提供などに役立てていただきます。

【活動紹介-ストリートチルドレン支援(WEBサイト)】
https://www.acc21.org/action/streetchildren/

【フィリピン自立支援「路上の若者たちからの感謝のメッセージ」(動画)】
https://youtu.be/r2ocnPc-YMQ

【路上の子どもから起業家へ「マイラさんのストーリー」(動画)】
https://youtu.be/0x4dL2Z87RA

◆NPO法人ハンガー・フリー・ワールド

アフリカ、アジア4か国(バングラデシュ、ベナン、ブルキナファソ、ウガンダ)の住民自身が飢餓を終わらせ、地域の食を豊かにする力をつけることを目標に、協同組合等の住民組織を通じた地産地消の推進、子どもの栄養改善、自治体との連携などの活動に役立てていただきます。

【活動レポート(WEBサイト)】
https://www.hungerfree.net/category/activities_report/

【ご支援をいただきありがとうございます(「支援国からの声」動画)】
https://youtu.be/6lbbVJ19VZ8

Q1 以前行っていた書き損じはがき回収キャンペーンとどう違うの?

コープデリグループでは2009年から2019年まで、NPO法人ハンガー・フリー・ワールドの活動に賛同して「書き損じはがき回収キャンペーン」を実施し、ハンガー・フリー・ワールドに寄付をしてきました。
しかし、コロナ禍により日本でも貧困や格差が拡大し、困難な立場に立たされている人が増えており、こうした人々の支援にも役立ててもらうために、コープデリグループとして独自に実施、生協ごとに寄付先を選定する取り組みといたしました。

Q2 換金した資金がすべて寄付されるの?

換金額から回収にかかる費用を除いた金額を、支援金として各団体に寄付します。
なお、キャンペーンの告知にかかる費用は含まれていません。

Q3 宅配の配達時やお店では回収してくれないの?

換金性の高い物品をお預かりするため、より確実にお預かりできる郵送での回収とさせていただきます。

取り組みをシェアする