コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
2021/03/25

【開催報告】オンライン環境講座 おうちで学んで 作ってあそぼう! 地球のためにできることってなぁに?

共催:アースドクターふなばし様

100年後に生きる子どもたちに美しい地球を残したい、そのために何ができるかを考えることを目的に、コープみらい環境担当と“めざすはストップ温暖化!”をスローガンに活動するアースドクターふなばし様を講師に、2月27日(土)オンライン上で「地球のためにできることってなぁに?」を開催しました。
当日は、ゴミの分別からリサイクルの大切さや、ペットボトルの工作を通して資源の有効活用について学び、楽しみながら地球のために自分たちができることを親子で考えました。

当日の様子を紹介します。

ゴミのゆくえ イメージ

ゴミ収集車で集められたゴミは清掃工場に運ばれ、燃やして灰にし埋めているけれど、今のペースでゴミを捨て続けると約20年で埋める場所に困ることがわかった。

ゴミの分別 イメージ

ゴミを減らすために「もえるゴミ」「もえないゴミ」「資源ゴミ」「粗大ゴミ」の分別の大切さを学んだ。

◆ペットボトルの有効活用

20210315_ecokousaku1.jpgエコ工作に挑戦!

完成した万華鏡

エコ工作に挑戦!

ペットボトル万華鏡の中

中をのぞいてみたら・・・

◆子どもたちが考えた“地球のためにできること宣言”

  • *プラスチックのゴミを減らすため、買い物に行くときにはエコバッグを持ってレジ袋をもらわないようにする。

  • *食品ロスをなくすため、買い過ぎない。食べ物は残さない。

◆参加者の感想

  • *ペットボトルキャップのリサイクル工場の動画、すごーいと子どもたちも驚いていました。
     ペットボトルのキャップが生まれかわるまで
     https://mirai.coopnet.or.jp/brand/kankyo/movie/cap_mv.html

  • *ゴミが増えるとどうなるのか、自分にできることは何かを考えるきっかけになりました。
    イラストやクイズもあり、子どもにもわかりやすかったと思います。ゴミの分別以外にもできることがあると思いました。友人たちにも伝えたいと思います。

取り組みをシェアする