コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
2020/11/18

「はじめてばこ出発式」が行われました

赤ちゃんのすこやかな成長と笑顔いっぱいの未来を願って...

11 月 16 日(月)コープデリ長野センターにて『はじめてばこ出発式』が行われました。
『はじめてばこ』は、NBS 長野放送主催、コープながのが特別協賛企業として参加する子育て応援支援プロジェクトです。出発式では NBS 舟木常務取締役より『はじめてばこ』や配送車両用ステッカーを受贈しました。
続けて、太田理事長より「赤ちゃんに“生まれてきてくれてありがとう”という気持ちを、はじめてばこと一緒に届けていきたい」と挨拶がありました。

前列左から:NBS 舟木常務取締役、コープながの太田理事長、コープながの飯島執行役員、コープ共済連壽福中央地区推進部部長。後列左から:NBS 戸田山アナウンサー、コープデリ長野センターの皆さん

挨拶をする太田理事長

ステッカー贈呈の様子

ほぺたんたちが出発するトラックを見送りました

『はじめてばこ』キャンペーン
2020 年 4 月 1 日以降にうまれたお子さんをもつご家庭に、童謡カードや協賛企業からの贈り物をつめた箱を、代表してコープながのが各家庭にお届けします。
※お申し込みされたご家庭限定

「『はじめてばこ』をいただけて嬉しい!」 と笑顔で応えてくれたご家族

関連リンク

2020/11/18

取り組みをシェアする

#タグ