コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 01.貧困をなくそう
  • 03.すべての人に健康と福祉を
  • 10.人や国の不平等をなくそう
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
2020/11/30

コープ高倉店に「フードドライブ」専用のBOXを設置しました

11月28日(土)より、NPO法人フードバンク八王子えがお(本部:東京都八王子市)と連携し、コープ高倉店(東京都八王子市)の店内に、ご家庭で保管されたままの食品(お米、缶詰、インスタント食品など)を寄贈していただくためのフードドライブ専用食品回収BOXを設置しました。

設置式の様子

東京7ブロック委員会 丸田委員長(左)、フードバンク八王子えがお 三浦事務局長(右)

店内のサッカー台脇に常設しました

食品回収ボックスに食品を入れている様子

「フードバンク」は、品質に問題がないのに廃棄せざるをえない食品を、企業・団体・個人から寄贈してもらい、必要としている方に食品を無償で届けるボランティア活動です。中でも、個人の方にご協力いただき、ご家庭で使い切れない食品を持ち寄っていただく取り組みは「フードドライブ」と呼ばれています。

フードバンク八王子えがおの三浦事務局長からは、「コロナ禍で支援の要請が、今年の2月から3倍くらいになっています。その中で、フードドライブのボックスを設置いただきとても助かります。取り組みを通じて、身の回りに困っている方がいる現状に関心を持っていただればありがたいです。」とお話しいただきました。

コープみらいの東京都内の店舗に食品回収BOXを常設するのは、コープ柴崎店(調布市)に続き2店舗目となります。
回収した食品は、フードバンク八王子えがおを通じ、支援を必要としている家庭や子ども食堂へ無償で提供されます。

コープみらいでは今後も積極的にフードバンクに協力し、食品ロスの削減、生活困窮者支援を進めてまいります。

取り組みをシェアする