コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 01.貧困をなくそう
  • 03.すべての人に健康と福祉を
  • 10.人や国の不平等をなくそう
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
2020/11/19

コープ新松戸店に「フードドライブ」専用のBOXを設置しました

11月18日(水)より、コープ新松戸店(千葉県松戸市)に、ご家庭で使い切れない食品(缶詰、インスタント食品等)を寄贈していただくためのフードドライブ専用食品回収ボックスを設置しました。
同日にとうかつ草の根フードバンクと更なる協同の取り組みを開始するにあたり、本説明会も開催いたしました。

「フードバンク」は、品質に問題がないのに廃棄せざるをえない食品を、企業・団体・個人から寄贈してもらい、必要としている方に食品を無償で届けるボランティア活動です。中でも、個人の方にご協力いただき、ご家庭で使い切れない食品を持ち寄っていただく取り組みは「フードドライブ」と呼ばれています。

左:コープみらい 常務執行役員 千葉県本部長 首藤英里子、 右:とうかつ草の根フードバンク 事務局長 髙橋亮様

食品回収ボックスに食品を入れている様子

コープみらいの千葉県内の店舗に食品回収ボックスを常設するのは、コープ花見川店、コープ東寺山店、コープ薬円台店、コープ市川店、コープ鎌ケ谷店、コープ八千代店に続き、今回で7店舗目となります。
回収した食品は、とうかつ草の根フードバンクを通じ、支援を必要としている子育て家庭や子ども食堂へ無償で提供されます。

コープみらいでは今後も積極的にフードバンクに協力し、食品ロスの削減、生活困窮者支援を進めてまいります。

取り組みをシェアする