コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

10月29日(木)、熊本県の産直産地「あしきた農業協同組合(JAあしきた)」を訪問し、2020年7月豪雨災害支援募金の贈呈式を行い、千々岩組合長に募金目録をお渡ししました。

コープデリ連合会生鮮調達農産部長 木村芳夫(写真左)/あしきた農業協同組合代表理事組合長千々岩巧様(写真右)の写真

コープデリ連合会生鮮調達農産部長 木村芳夫(写真左)/あしきた農業協同組合代表理事組合長千々岩巧様(写真右)

贈呈式では、千々岩巧代表理事組合長から「今回の豪雨では土砂の流入による被害が約5000万円、施設の被害が17億円と甚大で、真夏の暑さの中異臭と重い泥に苦しめられながら、復旧には2ヶ月ほどかかりました。復興は半ばですが、コープデリの組合員さんへおいしい農産物を今後もお届けできるようがんばります。今回の募金は復興のために有意義に使用させていただきます」とのお礼の言葉をいただきました。

佐敷川の氾濫により、写真奥にある、2メートルの「デコポン看板」の脚がもう少しで隠れてしまうほど一面が浸水

佐敷川の氾濫により、写真奥にある、2メートルの「デコポン看板」の脚がもう少しで隠れてしまうほど一面が浸水

JAあしきたの店内も浸水し、建物施設・商品に大きな被害を受けました

JAあしきたの店内も浸水し、建物施設・商品に大きな被害を受けました

※ コープクルコは、該当しない取り組みもございます。

関連リンク

2020/11/06

取り組みをシェアする