コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 14.海の豊かさを守ろうう
2020/10/06

国営アルプスあづみの公園学習会「SDGsってなあに?」を開催しました

9月27日(日)、安曇野市の国営アルプスあづみの公園にて、同公園管理センター主催の環境学習会「SDGsってなあに?」が開催されました。

学習会には講師の1人としてコープながのの清野みどり理事が登壇。「コープながのエシカル消費の取り組み」と題し、コープ商品とエシカルについて報告しました。

普段の買い物で商品を選ぶ基準の1つとして、海のエコラベルMSC認証マークや森のエシカルFSC認証マーク、持続可能なパーム油などの紹介に参加者は興味を惹かれた様子で、「もっと大きく表示されたらいいと思う」「一般的にこういったマークがついてる商品は売っているのでしょうか」といった意見が出されました。

学習会の講師として登壇されたコープながのの清野みどり理事

学習会の様子

座学の次は、公園緑地管理財団による環境教育プログラム「プロジェクト・ワイルド」を行い、海にすむ生物と、プラスチックごみについて考えるきっかけとなりました。

海をみたてたブルーシートの中で、ウミガメやクジラになったつもりで食べ物と思われるものを探して胃袋に収めるワークショップをしました。

アオウミガメのつもりで胃袋に収めた海中にあった食べ物

関連リンク

2020/10/06

取り組みをシェアする