コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 食卓を笑顔に

  • 12.つくる責任つかう責任
  • 11.住み続けられるまちづくりを
2020/03/13

東京都内の小学校へ「食」をテーマとした出前授業を実施しました(1月・2月)

コープみらいは、食べることの大切さについて関心を持つきっかけ作りとして、コープみらいの組合員である活動サポーターによる体験プログラムを実施しています。1月・2月は、東京都内3校の小学校へ「食」をテーマとした出前授業を行いました。


■1月18日(土)板橋区立志村坂下小学校

「もったいないを考えよう」「どこをたべているの?」「花と実クイズ」3つのプログラムを実施。1年生122人と、2年生74人が参加しました。

出前授業の様子


■1月22日(水) 江戸川区立南小岩小学校(すくすくスクール)

東京1ブロック委員会と共催で、江戸川区の放課後教室「すくすくスクール」3回目の開催となりました。「はやね早起き朝ごはん」と「どこをたべているの?」「花と実クイズ」の3つのプログラムを実施。1年生、2年生中心に19人が参加しました。

出前授業の様子


■2月15日(土)板橋区立高島第一小学校

「はやね早起き朝ごはん」と「旬のたべものクイズ」の2つのプログラムを実施。2・3時間目に各クラスの教室で開催し、1年生2クラス合計59人が参加しました。早寝早起きがどうして大切なのか、楽しく学ぶことができてよかったとの感想がありました。


【プログラム紹介】

「もったいないを考えよう」
食品ロスについて考えるワークを通じて、自分たちにできることを考えます。

「はやね早起き朝ごはん」
睡眠や朝ごはんの大切さを学び、「朝ごはんワーク」を通じてバランスの良い朝ごはんについて考えます。

その他のプログラムの詳細についてはこちら
◆出前授業プログラム(コープみらい活動サポーター)
https://mirai.coopnet.or.jp/event/area_info/tokyo/visitlecture_prgm/


関連リンク

2020/03/13

取り組みをシェアする