コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 食卓を笑顔に

  • 10.人や国の不平等をなくそう
  • 02.飢餓をゼロに
  • 12.つくる責任つかう責任
2020/02/06

川口市立領家小学校で「もったいないを知ろう」をテーマに出前授業を実施しました

2月5日、川口市立領家小学校にて、「もったいないを知ろう」の出前講座を5年生を対象に開催し、児童40人が参加しました。

もったいないを知ろう公開授業の様子

自分ができることカード掲示の様子

給食がどのようにして学校に届くのか、お米・野菜の生産者や調理員の想いなど、給食ができるまでを学んだ後、「もし、世界の人口が40人だったら」と仮定したグループワークを実施し、世界における食料事情の不平等を知りました。また、日本の食品ロスの現状を学び、自分たちができることについても考えました。

「世界には、ご飯を食べられない国があることを知りました」「初めて聞くことが多かった。食べ残しをしないようにしたいです」などの感想がありました。

コープみらいでは、小学校を中心に「食」や「環境」に興味を持つきっかけ作りとして『コープみらい活動サポーター』が楽しく学べる体験プログラムを実施しています。
詳しくはこちら
https://mirai.coopnet.or.jp/event/area_info/saitama/visitlecture_prgm/

2020/02/06

取り組みをシェアする