コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 03.すべての人に健康と福祉を
  • 11.住み続けられるまちづくりを
2020/02/27

福島の子ども保養プロジェクト in いばらき(ひたちなか市・笠間市)を開催しました

2月8日~9日、福島第一原発事故の影響により一部で屋外活動が制限されていた福島県の子どもたちとそのご家族を茨城県に招待し、屋外で思いっきり遊んでもらう「第26回福島のこども保養プロジェクト in いばらき」をひたちなか市・笠間市を中心に「国営ひたち海浜公園」「笠間工芸の丘」で開催し、郡山市や福島市などから8家族27名に参加していただきました。


1日目は、国営ひたち海浜公園の広い敷地で存分に遊んでいただきました。残念ながら花はあまり咲いていませんでしたが、親子で楽しく過ごしていただきました。夜はひたちなか市にあるホテルクリスタルパレスで、組合員理事考案の茨城クイズで楽しんでもらいました。


2日目は、笠間工芸の丘で、笠間焼きの絵付け体験をしてもらい、そのあと、イチゴ狩りを行いました。


参加者からは「子ども達と一緒にたくさん遊べた」「広い部屋でのびのびできた。食事もとても美味しかった」「絵付け楽しかった」などの感想をいただきました。


「福島の子ども保養プロジェクト」は、組合員から寄せられた募金等を活用した取り組みです。今後も福島県の皆さまの気持ちに寄り添い、「忘れない、伝える、続ける、つなげる」を大切に継続していきます。

【主催】
いばらきコープ生活協同組合、協同組合ネットいばらき

【共済】
福島県生活協同組合連合会、福島県ユニセフ協会、茨城県生活協同組合連合会

【後援】
茨城県、茨城県教育委員会、ひたちなか市、笠間市

【協力】
国営ひたち海浜公園、笠間工芸の丘、笠間クラインガルテン、ホテルクリスタルパレス、JA常陸 長砂直売所


関連リンク

2020/02/27

取り組みをシェアする