コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 03.すべての人に健康と福祉を
  • 04.質の高い教育をみんなに
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
2019/11/22

東京都内の小学校へ「食」をテーマとした出前授業を実施しました(10・11月)

コープみらいは、食べることの大切さについて関心を持つきっかけ作りとして、コープみらいの組合員である活動サポーターによる体験プログラムを実施しており、東京エリアでは10月からスタートしました。10~11月は、東京都内6校の小学校へ「食」をテーマとした出前授業を行いました。

10月9日(水)墨田区立外手小学校

食品ロスを考えるプログラム「もったいないを考えよう」と「花と実クイズ」を実施。放課後教室にて小学生24人、保護者含め約40人が参加しました。子どもたちはみんな元気よく、楽しい学びの時間となりました。

10月17日(木)足立区立 寺地小学校

朝ごはんについて考えるプログラム「はやね早起き朝ごはん」と「花と実クイズ」プログラムを実施。1年生・2年生の130人が参加しました。体育館で2クラスずつ2時間に分けて開催しました。100人以上と大人数でしたが、子どもたちはしっかり聞いてくれました。

10月19日(土)板橋区立 高島第一小学校 ランチルーム

「はやね早起き朝ごはん」「花と実クイズ」プログラムを実施。特別支援学級の生徒16人が参加しました。野菜の花と実について、よく知っている生徒がいて驚きました。元気よく手を挙げる姿が印象的でした。

11月6日(水)江戸川区立 第七葛西小学校 江戸川区すくすくスクール

「はやね早起き朝ごはん」「花と実クイズ」プログラムを実施。1年生~4年生30人が参加しました。江戸川区すくすくスクールは、東京1ブロック委員会で毎年協力している放課後授業です。低学年の子どもたちも楽しそうに参加していました。

11月9日(土)葛飾区立 飯塚小学校 体育館 

「はやね早起き朝ごはん」「花と実クイズ」を実施。1年生70人が参加しました。
今回は、メニューカードを選びながら「理想の朝ごはん」を子どもたちで考えるワークを取り入れました。1年生には少し話し合いが難しいようでしたが、自分たちが考えた朝ごはんを通して、楽しく栄養バランスを学べました。

11月16日(土)東久留米市立 第十小学校

「はやね早起き朝ごはん」のプログラムと「どこを食べているのかな?クイズ」を実施。1年生2クラス37人が参加しました。
野菜の「花・実・茎・根」を当てるクイズでは、実はじゃがいもは茎・玉ねぎは葉っぱと知って、子どもだけでなく見学の保護者からも驚きの声が上がりました。

【プログラム紹介】
「もったいないを考えよう」:食品ロスについて考えるワークを通じて、自分たちにできることを考えます。
「はやね早起き朝ごはん」:睡眠や朝ごはんの大切さを学び、「朝ごはんワーク」を通じてバランスの良い朝ごはんについて考えます。

その他のプログラムの詳細についてはこちら
◆出前授業プログラム(コープみらい活動サポーター)
https://mirai.coopnet.or.jp/event/area_info/tokyo/visitlecture_prgm/

関連リンク

2019/11/22

取り組みをシェアする