コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 04.質の高い教育をみんなに
  • 12.つくる責任つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 15.陸の豊かさも守ろう
2019/10/10

「森のがっこう キノコ博士と森の中へGO!」を開催

10月5日、組合員とその家族が茨城県の豊かな自然を学ぶ機会として、森の役割や森の大切さについて家族で楽しく学ぶ「森のがっこう キノコ博士と森の中へGO!)」を水戸市森林公園 森の交流センターで開催し5家族11名が参加しました。今年2回目となる今回は、茨城県林業技術センターきのこ特産部長の小林久泰様を講師に参加者全員で森林公園内の森に生えているキノコを採取しました。採取したキノコひとつひとつについて講師の先生から丁寧に解説していただきました。この日は35種類のキノコを採取できました。最後に修了式を行い、水戸市ふるさと農業センターの深見泰邦様から参加家族に修了証をお渡ししました。参加者からは、「たくさんのキノコを見つけられてとても楽しかった」「色々な種類のキノコがあってたいへん勉強になった」「見つけたキノコについてその場で先生が答えてくれるので子どもたちも満足していた」などの感想が聞かれました。

いばらきコープでは今後も茨城県の豊かな自然環境を学ぶ取り組みをすすめていきます。

関連リンク

2019/10/10

取り組みをシェアする