コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 食卓を笑顔に

コープデリ連合会は1994年から佐渡米を販売し、生産者と親交を重ねてきました。そして、2010年から「佐渡トキ応援お米プロジェクト」をスタートしました。このプロジェクトはCO・OP産直新潟佐渡コシヒカリとその加工品の売り上げの一部を「佐渡市トキ環境整備基金」に寄付する取り組みです。

2019年度は267万2,752円を寄付しました。累計で約2,300万円になります。寄付金はトキの住家となる里山の保全や、トキの餌場の環境づくりに活用されています。

10月5日、佐渡市「トキのむら元気館」で募金贈呈式を行いました。

左からJA佐渡経営管理委員会会長 永井充様、 佐渡市市長 三浦基裕様、 コープデリ連合会理事長 土屋敏夫

募金贈呈式の後、コープにいがた・コープクルコ組合員親子、コープデリグループ組合員・役職員、生産者、佐渡市職員、JA佐渡職員など参加者の皆さんで、田んぼアートの稲刈りや生きもの調査を行いながら、トキが羽ばたく自然豊かな佐渡を満喫しました。

関連リンク

2019/10/09

取り組みをシェアする