コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 12.つくる責任つかう責任
  • 14.海の豊かさを守ろうう
2019/10/01

伊平屋島がこの先もずっと、美しい島でありますように。「美ら島応援もずくプロジェクト」の取り組みを通して、「美ら島応援基金」に124万9,563円を寄付しました

コープデリ連合会は、沖縄県伊平屋島が取り組む「自然保護と調和した産業振興の推進」を応援しています。
「美ら島応援もずくプロジェクト」は、コープデリの産直商品、伊平屋島産もずくの売り上げの一部を「美ら島応援基金」へ寄付する取り組みです。

2011年度から沖縄県伊平屋村・伊平屋村漁業協同組合・㈱海産物のきむらや・日本生協連・コープデリ連合会の5団体で協力して進め、寄付金の累計は約1,300万円になります。

伊平屋島は美しい海に囲まれ、ウミガメが産卵にやってくる白い砂浜があります。しかしその砂浜に大量のごみが流れつき問題となっています。寄付金は島の自然環境保護に活用されています。

寄付金の贈呈式は、9月29日、コープみらいの食のイベント「コープみらいフェスタ」内のイベントとして、池袋サンシャインシティ文化会館にて開催されました。

左から伊平屋村村長 伊礼幸雄様、伊平屋村漁業協同組合長 新垣雅士様、株式会社海産物のきむらや経営企画部長 木村美喜雄様、土屋敏夫 コープデリ連合会理事長

コープデリ連合会は、産地との交流・つながりを進め、人・社会・地域・環境への配慮がある商品づくり、持続可能な社会の実現を目指していきます。

♦美ら島応援もずくプロジェクトはこちら♦

関連リンク

2019/10/01

取り組みをシェアする