コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 07.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 12.つくる責任つかう責任
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
2019/06/25

ミクロネシア連邦の方々がコープの店舗でレジ袋削減や環境保全につながる取り組みを視察しました

6月20日(木)、ミクロネシア連邦チューク州の職員ら4人がコープ高倉店(東京都八王子市)を訪れ、コープみらいのレジ袋削減や環境保全につながる取り組みを視察しました。八王子市は、創価大学とともにミクロネシア連邦のごみ削減プロジェクトを行っています。八王子市内でもレジ袋辞退率の高いコープみらいの店舗が選ばれ、今回の視察になりました。

美しい自然環境が残るミクロネシア連邦は太平洋に浮かぶ607の島々からなる国です。一方ごみ処理システムが十分でないため、住宅や海岸にごみが散乱しています。

視察では、コープのレジ袋削減の取り組みについて講義を受けた後、実際に店内を視察。マイバックを持参して買い物を行う組合員にも「なぜマイバックを持つようにしているのか」などインタビューを行い知識を深めていました。

コープのレジ袋削減の取り組みについて熱心に聞いていました

リサイクル回収ボックスの説明を受け、視察をされました。

マイバックを持って買い物に来た組合員に積極的に質問をされていました

関連リンク

2019/06/25

取り組みをシェアする