コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 04.質の高い教育をみんなに
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
2019/05/20

コープながの「コープデリの交通安全教室2019」が始まりました

「止まる」「よく見る」「手をつなぐ」で事故防止!

5月13日(月)辰野町の羽北保育園にて保護者会主催の「親子交通安全教室」を開催しました。園児約70人とその保護者が参加し、コープながの宅配センターの副センター長、宅配事業部の職員と一緒に、車に乗ったらチャイルドシートに座りシートベルトを締めること、横断歩道を渡る時は青信号の時、左右の確認を確実にすること、外を歩く時は大人と手をつなぐことなどを学習しました。

親子で横断歩道の渡り方を練習

保護者もトラックに乗って死角を体感

子どもが巻き込まれる痛ましい事故が続けて起こっています。 ドライバーが一番事故に気をつけなくてはいけない のは もちろんですが、子どもだけでなく、保護者に向けても「運転中の携帯はやめましょう」 のほか、「お母さんのための 『たちつてと』※」という注意喚起も行いました。
※「た」立ち話 「ち」ちょっとの隙に「つ」連れてる子どもの 「て」手を 離さない 「と」飛び出し注意

2019年度1回目の羽北保育園の開催は、天候にも恵まれ園児も保護者も楽しみながら参加することができました 。宅配事業部で企画する子ども向けの交通安全教室は今後 、9箇所の開催を予定しています。「コープデリの交通安全教室」は、徐々に県内に広がっています。

♦コープながのの子育て応援の取り組みはこちら♦

関連リンク

2019/05/20

取り組みをシェアする