コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 10.人や国の不平等をなくそう
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
2019/04/12

募金目録贈呈式を行いました(コープふくしま、福島県生活協同組合連合会)

4月9日、コープみらい新井理事長が、東日本大震災で被災されたコープふくしま、福島県生活協同組合連合会を訪問し、組合員から寄せられた募金のうち、それぞれに378万6,511円をお届けしました。また、復興公営住宅にお住まいの方々の集会所に訪問し、銘菓と応援メッセージをお届けしました(2018年度に寄せられた募金額は1,479万3,771円です)。
「組合員のみなさまが、応援しようと気にかけて下さること、その”想い”がとても嬉しいです。募金はふれあいサロンをはじめとした被災者の寄り添い活動などに有効に使わせていただきます。」と感謝のお言葉を頂戴しました。

震災から8年が経過しました。しかし福島県内では、現在も県外に避難を余儀なくされている方々がいらっしゃいます。復興に向けた動きが進んでいる一方で、人口の減少や高齢化、風評被害、原発などの問題が山積しており、これからも被災者の気持ちに寄り添いながら支援を継続していくことが重要です。
コープみらいでは2019年度も、「忘れない」「伝える」「続ける」「つなげる」を合言葉に、被災地の支援を続けてまいります。
※みやぎ生協・いわて生協には4月23日、4月24日に訪問予定

募金の受付について詳細はこちら
https://www.coopnet.jp/csr/community/shien/sienbokin/

コープふくしまに募金目録を贈呈しました

復興公営住宅の集会所を訪問し お菓子と応援メッセージをお届けしました

応援メッセージ

福島県生協連に募金目録を贈呈しました

関連リンク

2019/04/12

取り組みをシェアする