コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 02.飢餓をゼロに
  • 01.貧困をなくそう
  • 03.すべての人に健康と福祉を
  • 04.質の高い教育をみんなに
  • 05.ジェンダー平等を実現しよう
2019/09/03

「書損じハガキ回収キャンペーン」の取り組み

ハンガー・フリー・ワールド

コープデリグループは世界の飢餓をなくすために活動している団体「ハンガー・フリー・ワールド」に賛同し、毎年実施している「書損じハガキ回収キャンペーン」を応援しています。

第18回「書損じハガキ回収キャンペーン」結果
(受付期間:2019年1月~5月)

■ご協力いただいた皆さま51,219人

■ハンガー・フリー・ワールドへの寄付金額65,950,736円

コープデリグループの合計

回収品                換金額
ハガキ 33,169,135円
未使用切手 12,178,180円
使用済切手 1,121,877円
ブルーチップ・グリーンスタンプ 2,320,750円
中古CD等 1,294,720円
貴金属 5,890,941円
外貨 1,869,013円
金券 8,106,120円
合計 65,950,736円

ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

寄せられた物品がハンガー・フリー・ワールドの活動資金になるまで

専用の封筒でハンガー・フリー・ワールドの事務所に届きます。

経費削減に配慮し、切手を貼って送付してくれることも多いそうです。

書き損じハガキの山。そのほか切手や外国紙幣、ブルーチップ、ビール券など、様々な品が寄せられました。

様々な種類の品を仕分けて、数えて、整理します。
実はこの作業はボランティアの方々がおこなっています。毎日届く膨大な量のハガキや切手をテキパキと仕分けていきます。世界の飢餓をなくす活動は、こうした人々にも支えられているのです。

信頼できる特定の金融機関、金券ショップなどにて換金し、ハンガー・フリー・ワールドの活動資金になります。

世界から飢餓をなくそう!

飢餓とは、長期間にわたり十分に食べられず、栄養不足となり、生存と社会的な生活が困難になっている状態のことを指します。慢性的な栄養不足は健康を奪います。5歳未満児の死亡率とも深く関係しています。

ハンガー・フリー・ワールドは、ユニセフデータにおける5歳未満児の死亡率が比較的高い4カ国(ブルキナファソ、ベナン、ウガンダ、バングラデシュ)と日本を活動国に決め、世界から飢餓をなくすために活動しています。

ハンガー・フリー・ワールドは、飢餓に直面する人々が自分たちの力で十分な食料を得られるようになることを目指しています。地域の課題をよく知り、これからの発展を担うのは、その地域に住む人々。だからこそ住民が主体となった地域づくりを支援しています。

また、“地域づくり”だけでなく、飢餓を解決するための“しくみを変える”活動や、飢餓問題への“気づきをつくる”活動、未来を担う“若い力を育てる”活動にも取り組むことにより、永続的に飢餓から開放された世界の実現を目指しています。

ハンガー・フリー・ワールドが目指すもの、それはコープみらいが掲げる「食卓を笑顔に、地域を豊かに」の思いと共通です。
これからも「書損じハガキ回収キャンペーン」を通じて一緒に応援していきましょう。

取り組みをシェアする

#タグ