コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに / 環境

  • 07.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 12.つくる責任つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろうう
  • 15.陸の豊かさも守ろう
2019/03/15

森林組合との事業提携による、持続可能な豊かな森づくり

コープデリ連合会とその子会社である株式会社コープサービス、飛騨高山森林組合の三者は、2015年4月に、飛騨高山の森林を整備・維持することを目的に「健全で豊かな飛騨高山の森づくりを進める共同宣言」を締結しました。飛騨高山森林組合から借り受けている「コープハウジングの森」では、コープサービスの住宅事業部コープハウジングを利用して、飛騨高山のヒノキやスギを建築材料とした住宅を施工された組合員により、植樹を行っています。
コープデリ連合会では、これからも植える、育てる、使うという循環サイクルを大切にし、生産者の顔が見える住宅建材を使用することで、森林組合と消費地をつなぎ、持続可能な豊かな森づくりを進めます。

取り組みをシェアする