コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 地域を豊かに

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 03.すべての人に健康と福祉を
  •  12.つくる責任つかう責任
2019/03/15

未来の地球環境を守るために

持続可能な社会に向けて再生可能エネルギーの普及と環境保全活動を推進します。

■環境方針

いばらきコープは、「環境に配慮したくらし」と「持続可能な循環型社会の実現」を目指して、コープデリグループの共通の理念とビジョンのもと、店舗・宅配における商品の供給及び取り扱う商品・サービスのあらゆる面で地球環境に配慮して行動します。


■太陽光発電設備の設置とPPS(新電力会社)の導入

いばらきコープは施設の屋上などに太陽光発電設備を設置し再生可能エネルギーの普及をすすめています。これらの設備による出力合計は、528kWです。また、本部および事業所で発電した電気は、環境負荷の少ない太陽光、バイオマスなどの再生可能エネルギーの普及をすすめている地球クラブ(日本生協連、コープネット等が出資設立したPPS)に売電しています。2017年度には新しい「鹿嶋センター」と「コープ菜の花の家 水戸」にも太陽光発電設備を設置しました。

 太陽光発電設備の写真

コープデリ笠間センター太陽光発電設備

太陽光発電・風力発電設置事業所

事業所名種類出力kW設置日
うしく店太陽光3.01998年1月
十王センター太陽光5.01999年7月
千代川センター太陽光5.22001年2月
常陸太田センター太陽光5.02001年3月
水戸センター太陽光5.02002年5月
鉾田センター太陽光5.32004年3月
ひたちなか店風力2.02004年4月
つちうら店10.02007年1月
守谷センター4.52008年1月
ひたちなかセンター190.02013年4月
笠間センター194.02013年11月
鹿嶋センター49.52017年9月
菜の花の家 水戸49.52017年10月
合計528.0


■茨城県の自然や資源について学ぶ

茨城県の豊かな自然環境と資源を、親子で楽しく、体験しながら学ぶ「海のがっこう」「湖のがっこう」「森のがっこう」「川のがっこう」に取り組みました。これらの「がっこう」に参加したご家族には、豊かな自然の魅力を実感していただきました。

浜辺での集合写真

海のがっこう

湖での調査の様子

湖のがっこう



参加者の様子

森のがっこう

説明を聞く参加者の様子

川のがっこう


2016年度リサイクル品回収実績

※コープデリ宅配センター、店舗で回収されたリサイクル品はコープデリ連合会エコセンター(千葉県野田市)で減容処理を行なっています。


■環境を守る活動を支援

いばらきコープは環境基金を設立し、県内で環境活動を行う団体・個人に対して毎年助成を行っています。2018年度は46団体、275万円を助成しました。環境基金の財源は、組合員から回収したリサイクル品の売却益の一部を充てています。

2018年度「いばらきコープ環境基金」助成団体一覧(PDFファイル:120KB)

2017年度「いばらきコープ環境基金」助成団体一覧(PDFファイル:102KB)

2016年度「いばらきコープ環境基金」助成団体一覧(PDFファイル:104KB)

活動発表交流会の様子

活動発表交流会

環境基金助成団体の皆さんの集合画像

環境基金助成団体の皆さん




■いばらきコープ環境基金2019年度助成事業募集

助成を希望される方は、2019年度 環境基金助成申請書をダウンロードしていただき、必要事項を記入の上、郵送にてご提出ください。

期間 2018年10月1日(月)~11月30日(金)

2019年度 環境基金助成事業募集要項(PDFファイル:105KB)

2019年度 環境基金助成申請書(PDFファイル:184KB)


■「コープのエコ活」の取り組み

コープデリグループでは事業と活動との連携を進めながら、環境配慮商品の利用、リサイクル、省エネなど環境を中心とした様々な取り組みを実施しています。
これまで「環境配慮商品」の認知度向上と利用拡大を推進するため、コープで扱いのある食品や日用品約20品目を対象にした「環境配慮商品」の人気投票や、CO2を減らす具体的な取り組みを設定し「チャレンジしよう」と思う項目に宣言して、CO2削減量を積み上げていく「エコ活チャレンジ」を実施しました。

また、環境省の「ライトダウンキャンペーン」と連動し、対象店舗では店舗の看板や広告塔の照明を消して地球温暖化防止をアピールする「店舗ライトダウン」に取り組んでいます。

「コープのエコ活」について




関連リンク

2019/03/15

取り組みをシェアする