コープデリグループのサステナビリティサイト

■ 食卓を笑顔に

  • 12.つくる責任つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 15.陸の豊かさも守ろう
2019/03/16

組合員と取り組んだ、参加とネットワークの環境の取り組み

コープながのでは、「低炭素社会」「自然共生社会」「循環型社会」の実現に向けて、くらしの中の身近なエコから地球規模のエコに取り組み、人と自然が共生する平和な未来を追求しています。

環境の取り組みにつながる「がっこうシリーズ」

川のがっこう

川の中の生き物を採取して、川が育む自然や生物多様性について学んでいます。

川のがっこうの写真
森のがっこう

コープながのは、植林や森林保護などの環境保全の取り組み支援を目的に、長野県「森林の里親促進事業」を通じて、里親契約を結んでいます。

森のがっこうの写真

「コープのエコ活」の取り組み

コープデリグループでは事業と活動との連携を進めながら、環境配慮商品の利用、リサイクル、省エネなど環境を中心とした様々な取り組みを実施しています。
これまで「環境配慮商品」の認知度向上と利用拡大を推進するため、コープで扱いのある食品や日用品約20品目を対象にした「環境配慮商品」の人気投票や、CO2を減らす具体的な取り組みを設定し「チャレンジしよう」と思う項目に宣言して、CO2削減量を積み上げていく「エコ活チャレンジ」を実施しました。

また、環境省の「ライトダウンキャンペーン」と連動し、対象店舗では店舗の看板や広告塔の照明を消して地球温暖化防止をアピールする「店舗ライトダウン」に取り組んでいます。

取り組みをシェアする