「SDGs推進パートナーシップ」サイト

「誰一人残さない社会」を
ともに目指している人たちの想いと
活動を紹介しています

ほぺたん
きなこ

1 持続可能な生産と消費のために sdgs-12つくる責任つかう責任

牛乳の利用の呼びかけや応援メッセージが励みになって

千葉北部酪農農業協同組合代表理事組合長 兼 高秀牧場代表取締役

高橋 憲二さん

DSC03149.JPG

牛は生き物なので、生産量を簡単に増やしたり減らしたりできません。

2020年の一斉休校で牛乳の廃棄が危ぶまれたとき、身を削って乳を出してくれている牛に申し訳なく、やるせない気持ちで夜眠れないほどでした。

そんなとき、コープデリで牛乳の利用を呼び掛けてくれたり、組合員さんから応援メッセージをたくさん寄せていただきました。

本当に感謝しています。

「未来へつなごう」の取り組みも、とても励みになります。

酪農も後継者不足などさまざまな課題がありますが、より良い牛乳をつくることで恩返しし、皆さんと一緒に乗り越えていきたいと思います。

grow基金による教育支援でぼくの世界が広がった

僕は個別指導のプログラムでたくさんの新しいことを学びました。
辞書を引いて言葉の意味を知ることも初めての体験でした。
おかげさまで、字を書くこと、文字を通じて自分を表現することができるようになりました。
それが個人指導のプログラムで一番うれしかったことです。
プログラム参加者の成長を本当に考えていただけるすばらしいプログラムに参加させていただけたことをとても感謝しています。

(grow基金の活用先の一つである子どもたちへの教育支援を行っている非営利組織「プロジェクトアミーゴ」に参加したミルトン君のメッセージ。
写真はプロジェクトアミーゴ参加者とスタッフの集合写真)

2 安心して暮らせる地域づくりのために sdgs-11すみ続けられるまちづくりを

3 人にやさしく誇りが持てる組織を目指して sdgs-8働きがいも経済成長も

コープみらいウーマンいきいきプロジェクト20~30代宅配事業女性職員交流会

宅配事業の20 歳~30歳代の職員5名と、同世代の宅配センターのリーダー、宅配イベント渉外課で活躍する先輩職員がオンラインで交流し、3つのテーマで話し合いました。

いきいきPJ(集合写真).jpg

参加者の感想

テーマ①「今の自分の仕事 のこと(仕事内容、やりがい、悩みなど)を先輩職員フリートーク」

★いろんな立場の方の話が聞けて視野が広がりました。リアルなお話しを聞いて、キャリアアップも具体的にイメージできそうです。やはり身近に女性管理職がいると安心できますし、目標にもなりそうです。

★時間を意識しながらも、「あの人のことが気になる」「あれもやりたい」と、仕事にやりがいを感じている先輩がいて、「かっこいいな」と思い、自分もそんなふうに働きたいです。

★女性リーダーの勤務時間や帰宅時間のリアルな話し聞き、通勤距離にもよりますが、子どもが小さいうちはリーダーをするのは難しいとも感じてしまいます。

テーマ②「女性が長く働き続けるために、今必要だと思うこと」

★今の部署は、時短者の帰る時間になると同僚が「帰りな」と声かけをしてくれます。みんなが気にかけ、理解してくれている環境は大事だと思いました 。

★将来について不安に思うことがありますが、まずは相談したり、働きやすくなる制度、他の部署等を自分で調べたり、行動することも大切だと思いました。

★女性が少ないセンターでは、中々分かり合える環境にはないかもしれません。ただ、勇気を出し男性に相談することで良くなることもあるので頑張ります。男性も育休が取れる環境になると良いと思いました。

テーマ③多様性豊かな交流の場を増やしていくためのアイディア」「自分自身ができること」

★悩みを女性同士で分かち合うと共に、男性とも交流することで理解が深まると思いました。 男性も聞きにくいと思うことがあるかもしれないので、あえて女性側から思いを話してみることも大事だと思います 。

★男性、(違うor同)世代などの悩みも聴くことができるように、周りを巻き込みながら交流の場を多く持ちたいです。また、自分自身が困っていたことは後輩たちが困らないように相談にのっていきたいです。

★産休・育休の先輩の話を聞いたり、「ほぺ T own」なども活用しながら、様々な交流をしていきたいです。

コープみらいの店舗に外国人技能実習生を受け入れ

コープみらいでは、ベトナムからの技能実習生を受け入れています。

20224月に12名の3期生が入職しました。

これから3年に渡り、店舗の惣菜・ベーカリー部門で技術と日本語を学んでいきます。

【コープ南浦和店に惣菜部門配属された技能実習3期生の声】

キエウさん

卵焼きを作るのが好きです。仕事熱心な先輩たちも一緒なので、安心して働けています。

①HORIZON_0002_BURST20220506151102825.png

3期生アンさん

温度調整など難しい工程も任されているので、 覚えるのは大変ですが、頑張っていきます!

①HORIZON_0002_BURST20220506151058365.png

■瀧花弥生さん(惣菜部門チーフ:取材当時、※2022年7月現在は 店舗デリカ商品部惣菜バイヤー)

キエウさんは卵焼きを焼くのが丁寧で、とても上手に仕上がっています。

このまま、丁寧に商品を作り続けてくれたら嬉しいですね。

アンさんには惣菜の中でも難しい作業に、早速挑戦してもらっています。メモをしっかりととって、仕事を覚えようと頑張ってくれていますよ。

鈴木淳さん(店長)2022年7月現在

1 期生の外国人技能実習生の先輩 4 人が、教育係としてしっかりとサポートしてくれているので 安心しています。

まだ、配属されてから短い期間ではありますが、お二人とも、とても真面目に仕事に取り組んでくれているので、周りの職員も刺激をもらっていると思います。

お昼休憩中も、作業メモを見ながら勉強している姿が良くみられます。

コロナ禍で、黙食になってしまっているので、会話を楽しめる機会がいつもよりも少なくなってしまっていることは少し残念ですが、先輩職員をはじめ、皆さんが笑顔で働き続けてくれていることが何よりも嬉しいですね。

「仕事と育児の両立支援オンラインセミナー」開催

コープみらいとコープデリ連合会は、育児中の職員の情報交換と交流を促進するために、育児休職者と両立中の職員を対象に、「仕事と育児の両立支援セミナー」を毎年行っています。

2021年度のセミナーには女性職員28名、男性職員6名が参加しました。

2021育児両立セミナー全体写真.jpg

≪参加者の感想≫

【安心できました】

・社会との交流がなくなっていたので、久しぶりに話が出来てスッキリしました。

復職後に自分が不安に感じていることはみんなが不安思っていることで、解決に繋がらなくても、それを共有できたこと、自分一人で悩まなくて良いのだと感じることができました。

産休・育休を経て、長く勤務されている先輩が多いので、その方たちを参考にしながら、自分にあった働き方を見つけていければいいのかなと思うことができました。

・復職後に子どもの体調不良で迷惑をかけないか...

2人目の休職をどうするか?など、不安な気持ちもありましたが、3 人を育てている方から、配偶者も制度を活用して働いていると聞けたので、私も夫と協力しながら子育てと仕事を両立していきたいと思います。

【様々な気づきがありました】

・復帰後の不安が大きい悩みでしたが、復帰のタイミングや家族(夫)にどう協力してもらうかなど、悩みは人それぞれ。年齢が上がるにつれ、習い事や時短取得終了のタイミングなど長い年月で、悩みは尽きないんだなぁと何となく想像が出来ました。これからゆっくり悩みながら工夫してやっていければと思いました。

・復職して約半年。復職前の不安でいっぱいだったことを考えると「何とかなっているよ。私はこうしているよ!」と話している自分自身に一番驚いています。自分の経験が休職者の方のお役に立ててうれしいです。

・「私のキャリアと子供の成長シート※」を記入してみて、40 歳ころには、上の子が中学1 年、一番下の子が小学1 年となり、子育ても落ち着くのかなぁと、目に見えて実感することができ、今後のことを考えていきたいと思いました。

私のキャリアと子どもの成長シート画像.jpg

特別支援学校生徒の職場実習を受け入れ

コープみらいは特別支援学校からの依頼を受け、毎年、店舗と宅配センターで生徒の職場実習を受け入れています。

今年はコープデリ連合会の子会社である協栄流通株式会社でも新たに受け入れました。

≪受け入れ事業所長の声≫

・とても積極的に作業に取り組み、漢字検定4 級を活かして、「ポップ」にも挑戦していました。(店舗)

・「人見知りはするものの、品出し、袋詰め、加工等もスムーズに行い、徐々に慣れてくれたようで安心しました。」(店舗)

①DSC_0289.png

・「何よりも業務に臨む真面目な姿勢に非常に好感が持てました。礼儀作法もきちんとしており、コミュニケーションもスムーズでした。」(宅配)

・「色々な作業に挑戦してもらいましたが、一つ一つ丁寧に取り組み、分からない事は質問してくれました。怪我無く、無事に実習を終えられて良かったです。(宅配)

・「午前は洗浄機、午後は緩衝材のシッパー投入作業を行いました。寒い中での作業でしたが、良く頑張ってくれていました。」(協栄流通)

①DSC_0023.png

4 100年後の地球のために sdgs-13気候変動に具体的な対策を

リサイクルのその先を知って

(コ―プの広報誌を読んで)実際にコープに出したリサイクルの先が知れるので良かったです!子供にこのページを見せリサイクルの仕組みを教え、リサイクルへ興味をもってもらえたので良かったです!ゴミを減らし、リサイクルが当たり前と考えてくれる子供になって欲しいです。(コープぐんま組合員さん)

コープのリサイクルをもっとお知らせしていきたい

今週配達時に、商品を渡し終わり、注文書とリサイクルのたまごパックを渡してきた組合員さんに、玄関先にペットボトルがたくさんあったので、「ペットボトルも回収しましょうか?」とたずねると、「コープさんってペットボトルも回収してるの!?回収してもらえると本当に助かる!」とおっしゃっていました。自転車で遠くのスーパーに持っていこうとしていたらしく、リサイクルで回収している物も知らなかったようなので、リサイクル一覧の紙を渡すととても喜んで頂けました。まだまだ知らない組合員さんもいると思うので気にかけていきたいと思います。(コープみらい宅配センター職員)

5 世界中の人々の平和で健康的な生活のために sdgs-16平和と構成を全ての人に

ハッピーミルクプロジェクトを知って

私は生協に加入して42年になります。コープ牛乳はずっと飲んでいます。今回(組合員広報誌で)「ハッピーミルクプロジェクト」を読んで、おいしくて健康に良い牛乳を飲めば、世界の子どもの栄養状態の改善に役に立つとはなんとうれしいことでしょう。今は特に新型コロナウイルスのパンデミックで親は職を失ったり異常気象で食糧危機が不安です。世界の「栄養不良」で亡くなる事と年金生活の私にできることは?と考えていた時にこの記事に出会えました。これからも自身の健康とコートジボワールの子ども達のために牛乳をいただききます。(コープながの組合員さん)

ハッピーミルクプロジェクトに賛同いただける方が増えて

今週は嬉しいことがありました。組合員さんが「コープ牛乳」をほぺたん登録してくれました。これからして下さる人も入れて4名登録予定です。ハッピーミルクプロジェクトを知って登録してくださる方や、そういうことをしている話をしたら賛同してくださった方々もいて嬉しかったです。でんきなども含めて、いいことはどんどん話ししていこうと思います。(コープみらい宅配センター職員)